夢占いで夜の虹の夢は運気の低下や体調の変化の暗示

夜の虹の夢
夜の空に浮かぶ月の周りにできる虹を月虹といいます。この大変珍しい現象の夜の虹が、夢に現れた場合はどのような意味があるのでしょうか。

虹の夢はその色彩が鮮明であるほど、吉兆とされていますが、夜の虹はぼんやりとした様子であるため、運気が低下する暗示とされています。

また、夜の虹の光の元になる月には、満ちたり欠けたりするその姿から不安定さの象徴でもあるので、体調の変化を暗示することもあります。ですから、夜の虹の夢を見た場合は、体調の変化に気をつけて、少しでもおかしいと感じたら、しっかりと休息をとったり、早めに病院へ行くようにしてください。

⇒「虹」の夢に関する夢占い一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする