夢占いで消えかけた虹の夢は運気や気力の低下を暗示

消えかけた虹の夢
虹は見つけたかと思うと、あっという間にその姿が消えてゆく儚いものですが、夢の中の虹が今にも消えそうな場合は、どのような夢占いになるのでしょうか。

今にも消えそうな虹の夢は、あなたの運気や気力が下がっていることを暗示しています。虹は希望のシンボルです。それが今にも消えそうな状態ということは、あなた自身がどこか弱気になっていて、希望を持つことができない状態になっているということです。ストレスも溜まっていますので、今は心身をゆっくりと休めることが最優先です。落ち着いた生活を送り、体調が良くなるとともに、自分への自信と運気を取り戻すことへと繋がっていくことでしょう。

また、輝いた後に虹が消える夢の場合は、うれしい出来事があったとしても一時の出来事で終わってしまうという暗示です。もしくは、激しい恋愛をするものの、長続きしない可能性があることを暗示しています。

⇒「虹」の夢に関する夢占い一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする