夢占いでは七色以外の虹の夢は金運、財産運のアップを暗示

七色以外の虹の夢
「虹の色は何色でしょう?」と聞かれたら、迷わず「七色!」と答えるでしょう。しかし、夢の中の虹は必ずしも七色とは限りません。そのことについて、夢の中のあなたは違和感なく受け止めていることもありますので、夢に虹が出てきたな、と思ったら、改めてその色は何色だったのかも思い出してください。

赤やピンクなど明るい色彩の単色の虹が夢に出てきた場合は、思いがけない幸運がやってくる暗示になります。特に赤い色は生命力を表し、赤い虹は強い運が味方をしてくれることや、金運、財産運がアップする可能性を暗示しています。

全体的に濁っていたり、くすんだ色彩の虹の夢は、運気の低下を暗示しています。思ったよりもいい結果が得られなかったり、思いもよらないところでトラブルに巻き込まれたりと、スムーズに物事が進まない可能性があります。また、白い虹は昔から「政変」と結びつけられることがあり、突発的な大きな変化に巻き込まれることを意味しています。体調、体力面でもパワーが下降気味にあるので、意識的に休息をとり体調を整えることも大切です。

⇒「虹」の夢に関する夢占い一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする