夢占いで眩しいほど輝く虹の夢は休息の必要性を暗示

眩しいほど輝く虹の夢
鮮やかな色の虹の夢は、吉兆を表すものが多いのですが、目も開けていられないほど眩しい虹が夢に現れた場合は、少し休息が必要だと夢はあなたに警鐘を鳴らしています。目を開けていられない、つまり、まっすぐに直視することが出来ないような悩みやトラブルを、あなたは抱えているのですよ、と眩しい光りを放つ虹が比喩しているのです。思い当たることがあれば、まずはその悩みから少し距離を落いて、心を休めるようにしましょう。そうすることで、悩みやトラブルを解決する糸口が新たに見つかるはずです。

⇒「虹」の夢に関する夢占い一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする