夢占いで七色の美しい虹の夢を見たら運命の出会いの暗示

七色の美しい虹の夢
雨上がりの空に美しく輝く虹を見つけると、とてもその美しい様子に感動するだけではなく、これからなにかいいことが起こりそうな予感がするものです。夢占いでも虹の多くは、「雨があがる」ということから、苦しみや悲しみが「終わる」ということを意味していたり、幸運の訪れを知らせるポジティブなシンボルとして捉えられています。

その中でも絵に描いたような七色の美しい虹が夢に出てきたら、それは大きな幸運が目の前までやってきているという暗示です。夢の中の虹は、色鮮やかで大きければ大きいほど、暗示する幸福度は大きくなります。特に、鮮やかな色が印象的な虹の夢は、恋愛運がアップしている暗示です。あなたの人生にとって大切な出会いが待っているかもしれません。

実際の虹も長くはその美しい姿を見せてはくれません。夢が知らせてくれた幸運のメッセージも、チャンスを逃さないように素早く行動することが大切です。何かに迷ったら、幸運の虹が自分を導いてくれていることを思い出して、積極的に行動してください。

⇒「虹」の夢に関する夢占い一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする