夢占いで人がいない公園の夢はあなたの孤独感を暗示

人がいない公園の夢
夢の中の公園は身近な対人関係を表します。通常、私たちは家族や友人、同僚など様々な人と関わり合って暮らしているので、夢の中の公園にも沢山の人が行き交っているのが普通の状態です。夢に現れた公園の様子はあなたの心象風景なので、誰もいない公園や閑散として寂しい印象の残る公園の夢をみた場合、現実の世界でもどこかで孤独感を感じていることを表しています。

人間関係や恋愛関係で、どうして自分のことを理解してくれないのだろう、などと思いつめていることはありませんか?この場合、公園が広ければ広いほど、その孤独感が強く、一方で心を通わせる恋人や親しい友人が欲しいと心の奥で願っているのです。孤独感を感じていつつも、その状態から抜け出したいと願っていることを夢は伝えていますので、気持ちを切り替えて前向きになることが大切です。

また、誰もいない公園の夢であっても、その状態が心地よくリラックスしている夢の場合は、誰にも邪魔されることなく自分のやるべきことに集中できる状態にあることを表しています。実際の環境もリラックスできるように整えることで、現実でも集中力が高まり、良い結果を出すことができるでしょう。

⇒「公園」の夢に関する夢占い一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする