プレゼントに赤いリボンをかける夢は結婚を切り出す好機

プレゼントに赤いリボンをかける夢
プレゼントを用意するときの楽しみのひとつは、美しい包装紙で包んだり、きれいにリボンをかけるなどラッピングにまで想いを込めることです。受け取る立場でも、質素な包装よりも、丁寧にラッピングされたものの方が、相手の気持ちを大きく感じてうれしく思います。

夢占いでもプレゼントそのものだけではなく、どのようにラッピングされていたのかも夢を紐解く上で大切な要素となります。ラッピングの装飾が多かったり、華やかであるほど、込められた愛情が大きかったり、運気がアップすると考えられます。

赤いリボンのかかったプレゼントの夢は、あなたの恋愛運がアップしていることを表しています。さらに、あなた自身がそのリボンをかけている夢なら、結婚へ向けての気持ちが高まり、その想いを相手へ伝える意志が固まってきていることを意味しています。結婚に向けて一歩踏み出すのによいタイミングですので、話を切り出してみると良いでしょう。

特別なラッピングや飾り気のないプレゼントの夢は、あなたが沢山の人と関わったり、一緒に楽しい時間を過ごすことよりも、自分一人で過ごす時間を優先したいと思っていることを表しています。一人の時間も大切ですが、いつでも自分一人で過ごす気楽さを優先していると、他の人とコミュニケーション取ることが苦手になったり、困っているときにあなたに手を差し伸べてくれる人がいなくなる可能性があります。人と関わるからこそ得られる経験や想いが、あなたの成長を促し、あなたにとって本当の意味での喜びをもたらす大切な宝物になることも忘れてはいけない、ということを夢は伝えています。

⇒「プレゼント」の夢に関する夢占い一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする