夢占いで家を売る夢は、状況が逆転する前触れ

家を売る夢
売るという行為は、夢においてはあまりいい意味を持ちません。大きな出費をしたわりに必要のないものが手元に残る、思いもよらない金銭的損害を受けるなどといった凶夢である場合が多いのです。従って、家のような大きなものを売る夢は、残念ながら運気が低迷し、何をやってもうまくいかなくなることを表しています。いわば耐える時期が到来したと捉え、嵐が過ぎ去るのを待ちましょう。

ただしこの夢は、これまで不運が続き、辛い思いをしていたという人にとっては状況が好転する前触れといえます。特に、これまで住んでいた家を売ってもっと大きな家に引っ越すなどという夢はとても縁起が良く、ようやく明るい未来が開けてきたことを示す最高の吉夢といえるでしょう。

⇒「家」の夢に関する夢占い一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする