雨が降り傘をさす夢は困った時に守ってくれる存在を暗示

雨が降り傘をさす夢
傘の役目は雨や日差しからあなたの身を守ることです。夢に現れた傘にも同じような意味があり、困ったときにあなたを守ってくれる存在がありますよ、というメッセージが含まれています。

ですから、雨が降ってきて傘をさす夢を見たら、あなたが大きな問題にぶつかったり、困った状況に陥ったとしても、自分自身の努力で解決することが出来たり、誰かが手を差し伸べてくれることで、解決できることを暗示しています。トラブルに巻き込まれたり、大きな問題にぶつかったとき、自分一人で解決することが困難な場合は、信頼できる人へ相談する道があなたにはあるということを、感謝の心とともに忘れずにいましょう。

また、さしている傘がしっかりとしていて大きいほど、あなたを守ってくれる存在そのものが、強く頼りになることを暗示してます。

⇒「傘」の夢に関する夢占い一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする